);
Minna

About『Minna』

「東大和市で子育てをする人たちに寄り添う情報誌を作ってほしい!」という声に東大和市子ども家庭支援センターと市民のみんなが応えた、地元密着子育て本 『Minna』と、『Minna』から生まれたこのウェブサイト『Minna WEB』についてのご紹介です。

「東大和市で子育てをする人たちに寄り添う情報誌を作ってほしい!」

そんな、みんなの声に応えて東大和市民編集委員と同市・子ども家庭支援センターがタッグを組んで制作にあたった『Minna ~東大和市みんなで子育てBOOK~』! 6月1日に無事発行しました。ママ・パパ・じいじ・ばあば、まちのみんなが使える地元密着!子育て本です。

東大和市では20年間、『子育てハンドブック』を制作し、市内で子どもが産まれる家庭などに配布してきました。この数年、「さらにママたちの気持ちに寄り添うような情報誌も欲しい」という声を聞いていた東大和市子育て支援課が一念発起! 市内で子育てをしているママが立ち上げた出版社・ことの葉舎に、新しい子育て本つくりを相談し、官民協働事業として『Minna』制作のプロジェクトが発進しました。

東大和市子ども家庭支援センターと、ことの葉舎打合せ

まずは市内で子育て中の皆さんの思いを知るために、保健センターに身長・体重計測に来た乳幼児の保護者の皆さんに100人アンケートを実施しました。

こうして採ったアンケートから「保護者が不安に思っていること」を調査。このアンケートを元に、どんな記事を載せたらみんなの子育ての不安を解消できるか?市民編集委員が5回にわたる編集会議で相談し、取材をしたり情報を集めたりして内容が固まっていきました。

編集会議レポートはまとめてこちらから見られます。

編集会議の様子

編集会議で集まった情報を、ことの葉舎で編集デザインし、とうとう出来上がったのが『Minna』です。

そのコンテンツはこちら。

  • 東大和の子育てサポート
  • 東大和で子どもを預ける
  • 東大和のみんなで子育て
  • つながるでかけるMAP
  • 子育て中のお金のサポート
  • 家族と共有子育ての4W1H
  • じいじ・ばあばの円満孫育て
  • 育ちを祝う伝統行事

ほかにも、東大和市長の『Minna』発行についての思い、『Minna』発行にあたっての編集委員からのご挨拶、編集委員や子ども家庭支援センターから読者へのあったかいメッセージ、制作に協力してくださった同市にゆかりのある専門家のご紹介も。

東大和市出身の管理栄養士や、同出身のイラストレーターによる2コマ漫画も載っています。

そして、最後の一工夫&こだわり。

裏表紙に「もしもの時の連絡先」に加え、「『 もしもの時 』にならないためのINFORMATION 」が載っています。

何より大事なのは、子どもを危険にさらさないこと。子どもの危険回避研究所の協力のもと、「もしも」にならないための情報を、裏表紙をはじめ、本誌のいろいろなページに織り込みました。

『Minna』をそばに置いておけば、市民の「みんな」が一緒に子どもを守ってくれる。

そんなふうに思っていただけるように、東大和市民や、東大和にゆかりのある周辺地域のみんなとつくった『Minna』です。

『Minna』は、2019年6月から1年間、市内で母子手帳とともに市内の妊婦の皆さんにお渡し。市内の保育・幼児教育施設でも子育て中のみなさんに、配付されます。

本に入りきらなかった情報や、『 Minna 』市民編集委員の継続的な活動を掲載するのが、この『Minna WEB』。更新は、東大和市の編集委員を中心とするボランティアで行なっています。

『Minna』発行部数:5,000部

ページ数:24ページ

配布対象:

  • 母子手帳を受け取りに来た方全員(1年間、市内の妊婦さんのご家庭100%近くに届きます)
  • 市内の幼児子育てファミリーほとんどに配布(詳細はお問合せください)
  • 東大和市子育て支援課窓口
  • 東大和市子ども家庭支援センター
  • その他、市内店舗施設等に順次設置依頼予定。決まり次第お知らせします

編集長は、東大和市内で子育てをしながら出版社を立ち上げた、株式会社ことの葉舎代表・『たまきたPAPER』編集長の原田あやめ。

編集長は、子ども家庭支援センターの交流スペース「かるがも」に入り浸って子育てをしていました。同時に同市中央公民館の保育付講座「つくってみようみんなの情報誌」を受講して情報誌づくりを開始。そこからプロライターになって経験を積み、同市にある創業支援拠点BusiNest東大和市創業塾で経営を学んで情報誌発行事業を開始し、出版社を立ち上げました。

お世話になり続けている東大和市に恩返しをするつもりで、ママに、子どもに、パパに、おじいちゃんおばあちゃんに、そして子どもの育ちに関わるすべての地域の皆さんに寄り添う『みんなの子育てBOOK』を作っています。子育てのことはママや家庭の中に限らず、教育はもちろん経済活動、芸術活動、あらゆることにつながっています。子育てを新たな切り口に、地域を盛り上げていきたいと思いますので、ご注目ください。

ツールバーへスキップ